pc_header-logo

着物でお出かけ 博多ぶあいそ別邸へ ~夏は大人浴衣でお出かけ~

札幌駅の北口は徐々にビルが多くなっていますが、少し離れたところにこの「博多ぶあいそ別邸」があります。

 

もちろん名前の通り、博多のもつ鍋を食べることができます。個室などもいくつかあり、日本昆虫学の始祖 松村松年博士の築100年以上の日本家屋を素敵に活かしています。

 

夜はこの行灯がお店の玄関へ導いてくれます。

 

 

お庭や塀づたいには、白い花が可憐に咲いています。

 

 

室内は、古き懐かしい雰囲気です。

 

 

 

 

昭和の型板ガラスの種類のオンパレード。

もしかすると復刻版かもしれないけれど、いろいろなデザインがあって魅力的。

 

ランチには鯛茶漬けや、今月のおすすめの夏野菜の天ぷらそばはいかがですか。

私の今日のコーディネートの詳細です。昆虫学の始祖の方なので、まず、森林、そして季節柄、蛍を思い浮かべました。

 

実はこの日は入谷アサガオの日だったため、アサガオモチーフの髪飾りと日本手ぬぐいをアサガオにしました。

 

着物着用時は私はささやかですが、季節感を意識しています。

 

 

半襟:蛍柄

 

着物や帯の色:昆虫→森林?のため、緑中心に。

帯は緑のポイント柄。

 

帯留め:ガラス。おたまじゃくし風。

 

薄いレースのちりよけ

 

そろそろ浴衣の季節ですね。店内では、有松絞りや小千谷縮が一部セールになっています。また、すぐに着用可能な仕立て上がりの浴衣などもご用意しております。

 

1万円以上の浴衣を当店でお買い上げいただいた方には、着付けが何度でも無料になっていますので、是非ご活用ください。

 

 

次回は夏キモノのお話をしたいと思います。

 

☆プロフィール☆

AFT認定色彩講師 札幌市立大学 大学院 製品デザイン専攻 2019修了

 

修士 (デザイン学)

 

 

現在 北海道大学 文学院 博士課程 人間科学専攻 在学中

    札幌芸術の森 ボランティア彫刻解説員

 

 

北海道薬科大学 元非常勤講師「医療色彩」北海道科学大学 元非常勤講師「歴史と文化」

お問い合わせはこちらまで